カワセミ 大柏第一調節池 。

ここは 大柏川第一調節池 。 用心深いが 確かに カワセミはこの池に繁殖している 。 開園前から 確認は可能だったが、 現在も入園者との距離は遠い 過去の画像は   >>こちら 。 ところが 静かな静かな 休日のある日 園内で遭遇した カワセミは 比較的近距離で 感動しき…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

オオタカの若鳥

ここは 大柏川第一調節池 。 運がよければ オオタカの若鳥に出会える 。 快晴の日の出会いは お初 。  しかも 比較的 近くを旋回・・・・ 。 目的はカワラヒワのようだった 。 この後 狩の本能か 太陽を背に配置する陣をとる 。 この日は 北風が強く 小さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タヌキ・狸、タヌキの子。

ここは 大柏川第一調節池 。 時は夏の終わり頃・・・・・。 愛くるしい生き物と 偶然遭遇できました 。 市川市の タヌキの子 。 しま模様が子供の証・・・・。 とにかく かわいい、 タヌキの子  ある夏の終わりの日の出来事・・・・・。 再会の日は いつぞや…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ツバメの巣立ちを振り返る

9月ともなれば ツバメたちも 南の国に帰る季節。 毎度のことながら 淋しいという他は無いこの気持ち・・・・。 さて、これは  今年の気温36度のうだるような夏の風景・・・。 気候は人に過酷でも 彼らは元気一杯です 。 この子ツバメは どうやら 親ツバメを 呼んでいるようです 。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイタカシギ

過去は絶滅危惧種 珍しいこの野鳥 しかし、夏期には  行徳 野鳥観察舎や 谷津干潟・葛西臨海公園・三番瀬  大柏川 、大柏川第一調節池で 最近 確認出来る 。 その名は セイタカシギ  まさに 「 セイタカ  」 で 「 タカアシ 」 これは おそらく家族 。 幼鳥と幼鳥の小さな群れ 撮影は 大柏川第一調節…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

忘れていた シジュウカラ

過去の画像を見ていて思い出した、警戒心が強く俊敏なシジュウカラとの接近遭遇、 いつかUPしようと思いながらも忘れていた。 前回よりは個体の特徴が判る距離。 トリミングしていない画像をUP出来るのは 彼が向こうから寄って来てくれたから・・・・・。 徒歩40分のフィールド。 市川市に現存する数…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

イワツバメ

ツバメは全部ツバメという あさはかな考えが私にはあった。 最近 画像を整理していると 偶然ちょっと違う ツバメが・・・・・・。 「 イワツバメ 」 という ツバメ 、これでまた夏が楽しめそうだ。 個人的には風邪で熱発、明日も仕事だ・・・・。 鳥見には 健康な身体が必要なのだと痛感・・・・。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

コチドリ

いつもの休耕地で不思議な野鳥に遭遇。 初めて見る野鳥にはドキドキする・・・・・。 しかし、なかなか接近させてくれない・・・・・・。 あきらめて 別な場所を鳥見 。 そして 幸運な事に 違う場所で また出会えた・・・・。 春に渡ってくる コチ…
トラックバック:34
コメント:4

続きを読むread more

ツバメとの接近遭遇

ツバメの飛び交う季節になりました。 もう、春の季節ですね・・・・。 コチラは葦の枝に停まるツバメさん こちらは 護岸の川縁に停まり 休息をとるツバメさん 。 接近するも 逃げもせず 撮影に協力をいただきました
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ツグミさんも さようなら

まだ見かけられるツグミさん・・・・。 カメラを向けるのは2度目の K公園 、逃げるだるうなと思っていたが 予想に反し 近寄ってきて 土の中のエサを食む・・・・。 人を警戒しない 山から訪れた「 お客様 」 皆、彼らを優しく見守っているからこそ 友好的な距離を保てるのだろう 。 ツグミさんも まも…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

さようなら ジョウビタキ

ジョウビタキを初めて見たのは10年も前、背中の白い斑点が印象的だったのを いまでも覚えている 。 でも撮影出来たのは今年が初めて。 前回は 冬の夜明け頃のジョウビタキ 今回は晴れた日のジョウビタキの♂  造園業者さんの敷地の見事な枝に停まっていました。 こちらは 市川市の K公園の水門下を歩く ジ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

イソシギ

飛翔するシギ。 前回はイソシギではないか? と UPしました・・・・・。 夏の頃は 日差し強く 羽毛が陽に反射し こんな有様。 そして 日差しおだやかな春 。 彼が 「 イソシギ 」 だと 初めて判った
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヒバリ 冠

ヒバリの冠の初撮りは、泥手前で 強風で手ブレ多し・・・・。 休耕地の車道で偶然再会も 鳥などかまわぬ車両が疾走し 驚き 飛んで逃げてゆく・・・。 なかなか ヒバリの冠にはお目にかかれない・・・・。 しかし、ある日 梨の花や春の山菜の記録を撮ろうと妻と出かけたところ。 彼は偶然野原に落ちて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

住宅街のヤマガラ

散歩中の住宅街で、なにか木を叩くような音がするので 注目してみた・・・・・。 するとヤマガラがいた。 薄暗い生垣のなかで クチバシで木を叩く 。 ヤマガラは1年を通して観察できる留鳥なのだというが。 見ようとしなければ全く見えなかった・・・・・。 ブログをはじめて やっと視野がひろがった…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

カルガモ飛翔

4月6日の市川市の青空。 もう、この地は春・・・・・。 全国的にカルガモは有名で野鳥としても個体数は豊か・・・・。 カルガモの子育ては まさに春の風物詩だが カルガモの魅力は他にもある。 彼らの飛翔の美しさ・・・・・。 デジタル一眼レフを購入して10ヶ月 未だ撮影出来ずにいたが 本…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ツバメ 飛翔

今日は久しぶりの晴天 ツバメの飛翔も美しい 。 流れる うすいピンクの斑点は 散るサクラの花びら・・・・。 初めて撮影する ツバメの満足のいく飛翔画像。 ツバメの飛翔は今回で2度目・・・。 デジタル一眼レフ・カメラのおかげ・・・・。 今日は300回はシャッターを切った、 被…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

コイの産卵

春には川魚たちも産卵の時期。  午前5時頃の こざと公園の 葦原では バシャ バシャ と神秘的なサウンドを奏でる産卵も 実は出合うも撮影はいまだならず。  ところが、偶然に 大柏川でそれは確認できた。 ただ、偶然に感謝 この産卵に もう一匹のコイが乱入 。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ飛翔

カワセミはこの市川市でも ごく当たり前に確認出来る存在。 しかし 初めてその飛翔を目にした時は圧倒された・・・・。 近くにいても やはり自然体では撮影出来ない カワセミ 。 飛翔する画像を大きく捉えたいのだが それはこれからの夢 。 夢は人の心を豊かにするという・・・・…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ユリカモメ

ユリカモメは海辺のこ港湾都市の神聖なシンボルのように認識されているようだ。 それもそのはず、かなり絵になる野鳥で 青空にも曇天にも合う色彩・・・・。 群れる姿も愛らしい・・・・。  :真実はそうではないのだが・・・・。 光を浴びて それは神秘的なオブジェのよう・・・・。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

コサギの食事風景02 (夏羽)

近年見違えるほど浄化された 大柏川。 カワセミを撮ろうとしていたが、300ミリズームではこの川は攻略できそうに無い。 そんな中 コサギがエサを漁らえた。 なにやら 羽毛が変だが これは夏羽の冠だそうだ・・・・。 そういえば コサギの撮影は去年の6月のボーナスで購入したデジタル一眼レフか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲く 

個人的には 休日は曇天か小雨の日々。 桜の盛りだというのに 少しさみしい心情・・・・・。 メジロは山里にも帰らず 桜の蜜を食んでいる・・・・。 天候と蜜の味は関係が無いようだ・・・・・。 だが、曇天の中、 一瞬 陽が射す瞬間がある・・。 ここは 市川市 大柏川 。 水流…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

モズ と 北方遊水地。

市川市には 北方遊水地 と云う地が偶然残っている 。 正式な名称は 「 ぼっけ遊水地 」 ちなみに 「 ぼっけ 」 とは 小高い丘を指す。 小高い丘の上には フクロウやワシ・タカ科の野鳥も棲むというが・・・・。 現在はどうだろう ?。 その ふもとの 北方遊水地に 彼は居た 。 以前、人造の構…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

カラス 03

市川市の郊外で見る 「 カラス 」 は美しい。 彼らは都市部のカラスとは違い 自然の糧で生きている 。 私の勤務地 「 東京 新宿 」 とは 異なる よき風景・・・・。 時には コサギと縄張り争い・・・・・。 この春の時期は 巣作りの季節・・・・。 嫌われものの野鳥に エール…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

タヒバリ ?

この野鳥は随分前から目にしていました・・・・。 しかし、識別しづらい個体で 警戒心も強い・・・・。 ビンズイにも似ている。 冬羽なので 体形での識別もむずかしい・・・・。 しかも 曇り空の下ではなおさらだろう・・・・・。 スズメよりほんの少し大きく 警戒心は強い 彼は 大柏川…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

オグロシギ でした。

カワセミやコガモの飛翔。 そしてタヒバリを探して歩いていたら 見たことの無い シギに偶然出会った。  そう、シギは市川市の河川では 春と夏によくお目にかかる個体。 もはや 冬は終わり 春の季節を知らせているようだ・・・・。 習志野市の谷津干潟から来たのか、三番瀬から来たのか? ともかく …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

オオバンを追うバン

オオバンがこのK公園、あるいは大柏第一調節地に飛来したのは 去年の秋からだと思います。 実際、オオバンを見た時は感動しきりでした。 そのオオバンが 大あわてで逃走中。 追撃するのは バン 。  なにか あべこべの感じがします 。 でも、 先住者の バンにしてみれば オ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

カワウ 8A7

実に物怖じしない カワウが最近 K公園で確認できる。 彼は 保護鳥 。 右足に 8A7 の脚環が付いている・・・。 この カワウの脚環は 行徳鳥獣保護区で雛の頃 装着されたと云う・・・・。 絶滅危惧種だった カワウも 現在は 市川市の日常・・・。 水棲生物が豊かな証・・・・。 環境改善を感…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

コサギ飛翔。

カメラには シャッタースピード優先というモードがあるというので 試行錯誤で使用している・・・・。  白い野鳥や 花は 太陽の光を反射し 羽毛の構造などが 記録として残せないのが難点。 2000分の1秒のシャッタースピードならば 光の反射を抑えて 細部まで撮影可能・・・。 デジタル一眼レフだから気安く学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒバリ

朝早くに電線の無い稀なエリアを散歩、鳴き声が近いがどこにいるか判らない。 ふと傍らを見ると すぐそこに ヒバリがいた 、 一度逃げたが 二度目は友好的だった。 竣工未定の 工事予定地で エサを獲る 工期はこのまま 未定がよい。 いずれは住宅地になってしまうのだろう。 冠は始終見れるも…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more