ヤマガラ

ヤマガラを始めて撮影できました。 市川市に存在するという事は聞いていましたが、見たのは初めて。 留鳥というからには、夏も見れるのだろうか?。 それとも、春になれば山に帰るのだろうか?。 ヤマガラを確認出来たのは 中山法華経寺境内 。 実に幸運な事に 100日の荒行の太…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ツバメが来た

今朝は 気温低く風強く、鳥見は無理と思いつつ出かけた。 モズ、ヒバリ、カワセミ、と出会い ウグイスの鳴き声を聴き それから 大好きなコガモのハイウエイに足を向けた・・・・・・。 彼は さざなみと供に居た。 前回のブログでは 夏の終わりのツバメの飛翔をUPしたが 驚く事に 最高気温10度という この冬…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

飛翔する仲間。

市川市の自然も 80回を超えました。  市川市の人に すぐそこに存在する生き物を知って頂きたく 本年 元旦より UPしているブログですが、これからは 自由な表現で構成してゆくのもまた一興と思いあらためて取り組んで行くつもりです。 そこで 感じるのは 都市部での野鳥たちのタイトなスペースの悲哀 彼らを表現しようとすると ど…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シメ

シメ がいるとは聞いていたが、 見るのは初めてだった 。 ウグイスに逃げられ、メジロが寄ってきたこの木に 彼は来た。 こういいう木はきっと 野鳥の交通の要所だったり ちょうどよい隠れ家だったりするのだろう。 つい、 シメシメという単語が脳裏をよぎった・・・。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワシ・タカ科がそこに。

あれは ハトか? カモメか?。 などと 遠くの鳥を撮影すると 実は違う鳥だったりする。 市川市 にも ワシ・タカ科の野鳥は存在すると云うが  それは主に行徳自然保護区での事。 しかし、最近では 市内唯一現存の谷津 「 長田谷津 」上空や  水害対策用の未完成の大柏川第一調節池で稀に見かけるようになった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アオサギ命がけの食卓

公園のアオサギが 魚の水音に反応して移動した。 そして 見事 漁った 。 しかし・・・・ 。 ちょっと大きすぎはしないか ?。 蛇のように 外れるアゴを アオサギは持っていないと思う。 無理をすれば 命にかかわるような雰囲気 。 とにかく漁った 魚…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ウグイス

ホーホケキョで有名な ウグイスも今となっては神秘の野鳥。 ここは 長田谷津 、大町自然公園の ウグイス 。 かなりの臆病な野鳥で 随分待ちました 。 こちら 北方町四丁目( ぼっけまち四丁目 )の 葭やの中のウグイスさん 。 驚きの接近遭遇でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日もツグミ

今日も大勢のツグミさんと出会った・・・・。 冬の市川市には欠かせない野鳥の一つ 。 このまま数十年 再び会える事を切に願う。 今年は大勢でも 、来年はどうなのだろう?。 タゲリ や キジ は もはや 通りすがりのお客様となってしまったこの市川市に 豊かな自然は 残されるのだろうか ? 雄々し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホオジロ

初のホオジロさんとの遭遇。 よく観察しないと スズメと同じに見える鳥は数多いと 野鳥図鑑で知った事があるが それが 今 目の前で起きている・・・・。 次回はもっと 鮮明で鮮やかな出会いを・・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の日差しで踊る

今日は曇りがちの天気なので 過去の画像より。 こちらは 冬の日差しで踊る ハクセキレイ こちらは ムクドリ  そして こちら やはり コガモ・・・・。 どれも 偽らざる 市川市の風景・・・。 見ようによれば どちらかというと 欧風の踊りに見えませんか?。 し、しかし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不明 : セッカ ( 冬羽 ) ??

どなたかご存知だったら教えてください。 ユキヤナギを撮ろうとしていたら スズメより小さなこの野鳥が現れた。 セッカ の 冬羽 にかろうじて共通点が あるような ないような 。 頭の部分は 少し緊張しているのか 羽毛が立っている・・・・。 そうだ、今日は非番なので ここに行ってみよう・・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コサギ と サザナミ

最近 バス停での待ち時間に 道路沿いの川を のぞきこむ人たちが 多く見られるようになった。 水辺の不思議な鳥達が 市民に愛でられている 微笑ましい風景・・・・。 確か10年程前は 河川の底は濁り 。  その匂いも不愉快で、水鳥たちの羽毛の油分を汚染しかねない有様だった・・・・・。 当時 川をのぞきこむ 人々は皆無にみえ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

不明 : ハイタカ でしょうか?。

大町自然公園への途中 なんとなく撮った画像を PCで見て見ると 。 知らない鳥が 写ってました 。 図鑑とウエブサイトを見比べて考える事 2日。 ハイタカらしい クチバシと羽の裏や胴の模様・・・・。 しかし、この画像では答えが出せる程の情報は得られないですよね 。 ただ、知らない生き物との出会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり コガモ

コガモも今回で 3回目のUP 、 とにかく コガモが大好きです 。 ここは 大柏川 、 以前は悪臭漂う 川で コガモが訪れてくれるようになったのは最近の事です 。  ピンボケですが 捨てがたい画像 。 とにかく コガモはすばしっこい・・・。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金色の野原

太陽が低い位置にあると 景色は時に 金色に染まる事がある 。 カワウが飛翔する 夜明けの市川市 。 通勤のバスから眺めるチャンスもある筈 。まるで 蒔絵のような素晴らしい色彩・・・。 コチラは コサギの飛翔する 金色の野原 。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コケ ( 苔 )

普段は黄土色だが、雨を吸い取ると不思議な緑の色彩を放つ植物 それが 「 コケ 」 なんだと気づくのに随分と時間がかかってしまった 。 もう40年以上生きているというのに・・・・。 こちら 大町自然公園の 「 コケ 」  この上を 歩くのはやめました 。 こちら 中山法華経寺の境内の 「 コケ 」  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シジュウカラガン ( 保護鳥 )

不幸にして 傷ついた野鳥は 市川市 行徳野鳥観察舎で数多く保護されている 。 傷つく原因は 建物の高層化や 電線だったり 交通事故だったりする 。 この シジュウカラガンも 保護鳥 。 冬の暖かな日差しに まどろみ中 。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドバト

メーテルリンクの小説 「 青い鳥 」 は 鳩だった 。 コチラ  ドバト 。  野鳥図鑑に ドバトの分類はなかったが  俗称 ドバト 。 彼は逞しく健在で少し可愛そうな存在 。 駅のホームや 公園 神社 寺院 でよく見かける 。 どちらかというと 木の上ではなく 地面大好き派 。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月も半ばになると 冬の訪れを感じる 。 まだ夜が明けてまもない散歩道 。 舗装されていない農道付近で 霜に接近遭遇。 格別に 市川市の自然ではない・・・・。 でも、注意深く見ようとしないと 見えないもの 。 朝の陽と 冬の訪れを知らせてくれる 霜 。 忘れかけていただけに 美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ 大町自然公園

市川市営霊園の近くに この大町自然公園は在る 。 市川動植物園ともよばれるこの公園には 多くの生き物が住んでいる 。 例えば カワセミ 。 公園入り口の犬猫慰霊碑で 亡き三匹の猫に仏花をささげ園内に分け入ると 彼が眼前に 。 なにかの導きか? それとも  。 この地の日常か・・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more