ニャジラ

かの有名な コミックス の 素晴らしき サブ・キャラ  その名は 「 ニャジラ 」 行徳野鳥観察舎から 行徳駅への帰路で遭遇。 首輪あり、飼い猫のようだ。 推定体重 8kg以上 。 性別 ♀ 。 貫禄あり 。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アオジ

ここは 市川市 行徳野鳥観察舎への  なんともいえない 素敵な遊歩道。 生まれて初めて知った野鳥。 図鑑やインターネットで調べて  アオジではないか・・・・。と しかも 。 冬毛のアオジのようだ・・・・。 それから、余談ですが 。 このアオジさんの踏みしめる 枯れ草や土を雨が通り過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛べないカラス。

先日 久しぶりに 行徳野鳥観察舎に妻と出かけた。 そこで、尻尾をなくした ハシボソカラスに出会った。 とにかく、あまり飛べなくて、他のカラスにいじめられているようだ。 この日 老夫婦が 観察舎の給餌員に保護を要請していた、 温かい気持ちになれた。 この カラスをよく観察していると 散歩している人は この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガモ いいなぁ。

市川市でも 海岸沿いの行徳界隈では古くから居た コガモさん。 海や河川の環境浄化による エサの拡大で、多くの野鳥が繁殖地をひろげています。 これにより、野鳥の間での 生存競争が激化し、内陸の池や川に多くが見られるようになりました。 コチラは 日本国内の留鳥の コガモさん 。 夏に撮影。 コチラは お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コサギ 今日の画像

大柏川に水平に陽の差す 午後に出かけてみた。 偶然出会った コサギさん 。  この時期は 多くの渡り鳥や  海岸からのユリカモメ、カワウと 餌場の争奪戦で大変だと思う。  是非 生き抜いてください・・・・ 。 それにしても この市川市の自然に感謝 。 人気blogランキングへ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セグロセキレイ

セグロセキレイ 。 だと 思う・・・ 。 自信はないが たぶんこれが セグロセキレイ 。 市川市の我が家付近では ハクセキレイやキセキレイより その個体数は少ない 。 セグロセキレイ の幼鳥と ハクセキレイ の幼鳥を見極めるのも 私には 困難だ 。 余裕ある 自然観察が必要なのですね 。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モズ

モズは図鑑でしか知らない鳥でしたが、 この冬はじめて この目で見る事が出来ました 。 川や池ばかり歩いていたのですが、この日は黄金色に色付く セイタカアワダチソウ の野原を散歩。 そういえば 水鳥や 渡りの鴨たち以外にも  小さな旅人がそこかしこに・・・・。 コチラは別なセイタカアワダチソウ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バン

バンとの出会いは 近所の公園 。 その付き合いは長く 、彼らの一部は 人になつき 公園の外周道路を 歩行する事もあります 。 ちなみにオオバンの画像は >>コチラ ただ この公園の池には 不法投棄されたスクーターなどにより 水面に 油膜が張っていたり・・・・・・・。 なげかわしい現状には 心が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムクドリ

ムクドリは この市川市では 留鳥の類に分類されるのだろう 。 夕刻以降は 近隣の習志野市の市街に 大集合し 群れた 電子音のような騒音と  想像を超える 糞の害を及ぼし、たまりかねた 習志野市は 樹木にネットを張り 彼らを遠ざけたという 。 しかし、彼らはなぜ こんなにも 増え 群れたのか・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバン

2006年の秋に はじめて出会った オオバン 。 バン の生息する池は知っていましたが。 その池で オオバン を見るのははじめてでした。 この冬の エポック 。 近くの巨大な調節池には オオバンのコロニーがあるのですが。 この子は はぐれ オオバン ??   なぜか 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワウ 大好き。

なぜか カワウが好きです。 1994年頃の市川市の行徳では 230羽 だった カワウが 2003年には 4,765羽に 。 過去は 絶滅が危惧されていたのですね。 だから、余計に 愛おしいのかも・・・・。 最近では 樹木の フンによる枯死が問題視されているそうですね 。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キンクロハジロ

キンクロハジロ 。 最近近所でよく見かける鴨の渡り鳥。 このように コロニーを形成し生活している 。 池で他の鴨たちと共存するには 小さな身体。 ひとまわり小さいのです。 頑張ってはいるのだけど 最近は もっぱら コガモの生息する川で生活しています。 人気blo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more