テーマ:サギ

コサギの食事風景02 (夏羽)

近年見違えるほど浄化された 大柏川。 カワセミを撮ろうとしていたが、300ミリズームではこの川は攻略できそうに無い。 そんな中 コサギがエサを漁らえた。 なにやら 羽毛が変だが これは夏羽の冠だそうだ・・・・。 そういえば コサギの撮影は去年の6月のボーナスで購入したデジタル一眼レフか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コサギ飛翔。

カメラには シャッタースピード優先というモードがあるというので 試行錯誤で使用している・・・・。  白い野鳥や 花は 太陽の光を反射し 羽毛の構造などが 記録として残せないのが難点。 2000分の1秒のシャッタースピードならば 光の反射を抑えて 細部まで撮影可能・・・。 デジタル一眼レフだから気安く学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオサギ命がけの食卓

公園のアオサギが 魚の水音に反応して移動した。 そして 見事 漁った 。 しかし・・・・ 。 ちょっと大きすぎはしないか ?。 蛇のように 外れるアゴを アオサギは持っていないと思う。 無理をすれば 命にかかわるような雰囲気 。 とにかく漁った 魚…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

コサギの食事風景

コサギの食事風景に遭遇した。 この魚 かなり 大きいぞ・・・。 でも なんとか のみこんだ 。 しかし、 のどで暴れているようだ・・・。 ・・・・・・。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コサギ と サザナミ

最近 バス停での待ち時間に 道路沿いの川を のぞきこむ人たちが 多く見られるようになった。 水辺の不思議な鳥達が 市民に愛でられている 微笑ましい風景・・・・。 確か10年程前は 河川の底は濁り 。  その匂いも不愉快で、水鳥たちの羽毛の油分を汚染しかねない有様だった・・・・・。 当時 川をのぞきこむ 人々は皆無にみえ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

怪鳥 ? ( コサギ )

怪鳥 ?。 いいえ 野鳥です 白い水鳥 コサギ 。 どうやら 電柱の上で 羽干し中のようです 。 電柱の上には カワウも 羽干し 。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴイサギ ( 幼鳥 )

おそらく ゴイサギの幼長鳥だと思う。 でも、 ずっと寝ていたので 真実は・・・・・。 待てばよかったかな・・・・。 起きるまで 。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴイサギ

名前の由来は 朝廷より 五位の位を授けられたことによる。 理由は微動だにしない 置物のような風情からだという。 冠位はともかく。 確かに 神秘的・・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コサギ 今日の画像

大柏川に水平に陽の差す 午後に出かけてみた。 偶然出会った コサギさん 。  この時期は 多くの渡り鳥や  海岸からのユリカモメ、カワウと 餌場の争奪戦で大変だと思う。  是非 生き抜いてください・・・・ 。 それにしても この市川市の自然に感謝 。 人気blogランキングへ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイサギ飛翔

市街地や住宅地付近での野鳥観察には 電線や看板や大きな施設がつきもので、それがこの市川市の本当の姿でもあります。 車やトラックの渋滞。 吐き出される二酸化炭素もつきものです。 二足歩行のみの私は これには 少し ナーバスになります。 ただ、散歩を重ねてゆくと、電線のないエリアにめぐり逢える事も・・・・。 …
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ダイサギ

ダイサギはこの市川市では最近よく見られる野鳥。 過去は果たしてどうだったのか、あまり記憶にない。 にわかにバードウォッチングを始めて 約10年。最近劇的に増加しているような気がします。 関東平野の河川の浄化などが おそらく効を奏しているのでしょう。 生活洗剤への関心や 廃油の処理、米のとぎ汁の処理など、市民の草の根の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コサギ

コサギは近年 千葉県 市川市の地でも多数の固体が見受けられるようになりました。 過去10年以前は、なにかしら 稀な白い神秘的な野鳥という印象でしたが 水質の好転に繁殖がうながされ、近年では 十数羽の群れを日の出の直後などに確認する事もしばしばです。 市民の洗剤への考え方や、調理油の処理の工夫が河川を浄化し、 豊富な生き物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオサギ

はじめてアオサギを見た時、その大きさに仰天。 まさか そのお方を デジタル一眼レフで撮影できる幸せな時代が来ようとは。 当の アオサギ さんは 迷惑顔ですが・・・・。 距離にして 4メートル以内での撮影。 野鳥の 冬毛に初めて気づいたのも この アオサギでした。 夏とは風情が違います。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more